So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ
- | 次の10件

メジャーリーグが ビデオ判定を導入! チャレンジとは? [スポーツ]

先日、アメリカメジャーリーグイチロー選手が二ゴロでアウトと判定されたが
ビデオ判定の結果、セーフに覆り内野安打となった事実を御存知だろうか?

その後の試合でも、イチロー選手はきわどい盗塁をビデオ判定に持ち込まれているがw

今年からメジャーリーグは、ストライク・ボール判定以外、
ほぼ全てのプレーに対して、ビデオ判定が可能となった。

1試合で原則2回ずつ「チャレンジ」権利が与えられ、判定が覆れば「チャレンジ」権利は減らない。

「誤審も野球の一部だ!」「ここまで厳密にする必要はない!」
「アウト・セーフがはっきりするので、どんどん取り入れていくべき!」

様々な意見があって賛否両論があると思うが、私はビデオ判定を取り入れて正解だと思う。

と言うのも、明らかに誤審である判定を時々見かけるからだ。

例を挙げると、メジャーでは有名な誤審があった。「世紀の大誤審」とまで言われている。

2010年までに遡るが、9回2死まで1人の走者も出さず、あと1人で完全試合達成という場面。
最後のバッターを一ゴロに打ち取り、ベースカバーに入った。
タイミングはアウトであったが、判定はまさかのセーフ!

試合後、審判も誤審であった事を認め謝罪している。

アウトかセーフかをはっきりさせ、少しでも誤審を失くしていくべきではないだろうか。

ただテレビ中継を見ていて感じたことは、「チャレンジ」を要請すればプレーが中断し、
試合進行に支障が出るのでゲームスピードが失われてしまうが。

日本プロ野球にも、いつか「チャレンジ」制度が採用される日が来るのであろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2014年プロ野球!今年の統一球は一体!? [スポーツ]

4月も中盤にさしかかり、プロ野球が開幕して10試合以上が消化されました。

昨年は6月中旬に、統一球の隠蔽問題が発覚しました。
公表されることなく、飛びやすい仕様に変更されていた問題です。
皆さんの記憶に新しいと思います。

今年は昨年の事があったので、問題になる事はないだろうと思っていたのですが・・・

NPB(日本野球機構)は10日、今シーズン使用されている統一球の反発係数の検査結果を発表しました。
検査の結果、規定値を上回るボールであることが発覚!

具体的な数字であわらすとこんな感じです。

基準値 :0.4034~0.4234 検査結果:0.426

つまり上限値である0.4234を上回っている事になり、違反球が使用されていた事になる。

なんだか残念と言うか、寂しいですよねー
野球をする以前に、野球道具に問題があるだなんて・・・

こういったデータもあります。

2009年以降の年度別本塁打数
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140411-00000007-nksports-base

今は「飛ぶボール」だなんて言われていますが、統一球導入前は、もっと飛んでいたと言う事実。
皆さんは御存知でしたか?

ただ野球選手にとっては、野球生命に関わる事。
ファンにとっては、「どうせ違反球を使っているのだろう」と疑いの目を持つ事になってしまう。

なぜこの様な事が起こってしまったのか、徹底的に調査してほしいですね。

定期的に検査結果を発表していく様なので、昨年の隠蔽を考えれば少しは改善されたのかな。
タグ:統一球 2014
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
- | 次の10件 スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。